一般的なサロンの商材「まつげエクステのカール」種類

一般的にサロンでは、Jカール、Bカール、Cカール、Dカールを使っています。
では、Jカール、Bカール、Cカール、Dカールの違いや良さはどういったものか、そしてカール度をランキングにしてご紹介していきます!

【カール度4位:Jカール】

カール度4位のJカールについてご紹介します!

Jカールは、まつげにハリがあるように長く多く見せたいけど、カールは苦手という方にオススメです。

そしてカールが少ない分、自まつげに馴染みやすいので、薄化粧でも違和感が無く、控え目でナチュラルに仕上がります。

ですが、カールで目元を華やかにしたい方には、Jカールは向いていませんね。

【カール度3位:Bカール】

カール度3位のBカールをご紹介します!

Bカールは、ホットビューラーまでは行きませんが、ビューラーを使ったような自然なカールに仕上がります。

カールに挑戦してみたい方や忙しい朝にビューラーを使うのが面倒な方にオススメです。

Bカールのまつげエクステの本数を増やせばナチュラルだけど、隠れ華やかさを演出してくれるので、一味違う目元を楽しめますね。

【カール度2位:Cカール】

カール度2位のCカールをご紹介します!

Cカールは、まつげエクステ使用者の中でNo.1のカールです。

ガッツリカールでも無く、うっすらカールでも無いので、目元を可愛らしくパッチリ見せたいけど、不自然にクルクルした派手な目元にしたくない方にオススメのカールです。

そして、本数を増やすと控え目な派手系目元にもなれるので、自分に合ったCカールの本数を見付けてみましょう。

【カール度1位:Dカール】

カール度2位のDカールをご紹介します!

Dカールは、まつげエクステの根本と毛先が付いてしまうのでは?と思うほどガッツリカールなので、特別な日やパーティーや芸能人はライブの時に着けています。

ですが、自まつげに馴染まず不自然さがありますが、カール度2位のCカールと一緒に着けると自然に仕上がります。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ