まつげエクステの商材「コーティング剤」とは?

【コーティング剤とは?アフターケアがオススメ!?】

まつげエクステの仕上げでは、必ずコーティング剤を使用します。

そして、アフターケアでもコーティング剤を使用している方がいます。

アフターケアでコーティング剤を使用すると、どのように違うのか、ご紹介します!

まず1つ目は、まつげエクステのモチを良くします。

まつげエクステは、約1ヶ月を過ぎると、カールや艶が無くなり殆ど自まつげの状態になってしまいます。

ですが、アフターケアで朝メイクの前と夜寝る前にコーティング剤を欠かさず塗ることで、プラス1ヶ月と少しは美しいまま保てます。

このコーティング剤は、まつげエクステを水から守ってくれるのスイミングをしている方や運動をして汗をかいても取れる心配がありません。

次に2つ目は、専用マスカラをした時に凄く映えます。

まつげエクステの専用マスカラを使う前にコーティング剤を塗ることで、専用マスカラがハッキリ艶やかにまつげエクステに付着するので、目元の輝きが増します。

まつげ美容液ではなく、まつげエクステのコーティング剤をする事で、より一層まつげエクステが美しく保てます。

次に3つ目は、美容液成分とヒアルロン酸が豊富なので自まつげの負担を軽減出来ます。

まつげエクステをすると、どうしても自まつげに負担がかかります。

ですが、まつげエクステのコーティング剤は、まつげ美容液よりも美容液成分やヒアルロン酸が豊富なので自まつげにも潤いを与えてくれます。

毎日のアフターケアは必ず行いましょう!

【ハケ? アイミング? マスカラ?】

コーティング剤には、ハケタイプとアイミングタイプとマスカラタイプがあります。

主に、サロンで仕上げをする時に使用するのが、ハケタイプや綿棒のようなアイミングタイプです。

アフターケアでは、ハケタイプやアイミングタイプは使いづらいので、マスカラタイプのコーティング剤がオススメです!

タイプによって料金が異なるのではなく、中身の成分によって料金が異なります。

美容液成分が多く含まれている場合は、料金も高くなりますが、一般的に3000円程のコーティング剤がオススメです!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ